リハビリって何?

リハビリって何だか知っていますか?

 

ここ最近になってこの言葉がTVなどでも使われるようになり少しずつ知られるようになってきました。

 

リハビリってそもそも何なのでしょうね?

 

リハビリの意味

リハビリとは、本来「リハビリテーション:(ラテン語)Rehabilitation」として使用されている言葉です。

 

Re(再び)+habilitation(適合させる)という意味があり、

本来は「人間にふさわしい権利,資格の回復」を意味していたようです。

 

しかし、時代の変化とともに体の病気も持った人達にも使われるようになっていったようです。

 

今では「単に身体機能の障害だけでなく,障害者が社会で生きるうえで負わされたさまざまのハンディキャップのすべてを軽減させ,自立性を向上させることによって,障害者の人間らしく生きる権利を回復させること」を意味するものとなっています。

少し難しいかもしれませんが、簡単に言うと、

病気を持った人たちに対して少しでも楽に生活が出来るように、体を少しでも良くしていったり、いろいろな道具を使ったりして、人として生活できるようにしていきましょう」ってことです。

 

 

リハビリは何をするの?

「リハビリをしている」とか「リハビリ頑張ってる」とか使われるようになりましたが、そもそもリハビリで何をしているのでしょうね?

実際に目にしたり体験して関わったことがある人たちであれば、やっていることは知っていると思います。

しかし、半数ぐらいの人は知らないのではないでしょうか。

では、リハビリでは何をするのかその一部について話していきます

 

そもそもリハビリには、理学療法、作業療法、言語聴覚士があります。

看護師さんらは我々を「足のリハビリ」「手のリハビリ」「言葉のリハビリ」と使い分けている人が多いです。

その中でも今回は理学療法が関わるリハビリについて話をしていきます。

 

理学療法のリハビリ

実際に理学療法が行うリハビリは、

①色々手で触ったりして(徒手療法)、体の姿勢をよくしたり、

 

②機械などを使って(物理療法)、痛みを良くしたり、

③体の使い方について指導や、運動を行わせたり(運動療法)

しています。

 

 

上の図ように、体を調整したり、歩く練習をしたりして病気を少しずつ克服していくように指導しています。

 

実はこれ受ける側(患者さん側)も大変なんですね。

時には痛みを伴ったり不快感を伴ったりすることもありますし、非常に多くの運動をしないといけないこともあります。

 

そして、する側(理学療法士)も非常に大変なんです。

結構重労働だったりすることもあります。

 

例えば、

両足に力が入らない人に対して、立つ練習のために立たせないといけないこともあります。

小柄な人なら良いですが、

太ったり大きい人なら・・・

かなり大変です(笑)。

 

 

まとめ

リハビリとは、病気を持った人を少しでも楽に生活が出来るように、運動などを行っていきます。

する側もされる側も大変なものになります。

だた、少しずつ体がよくなっていくのを身近に感じることは確かです。

 

 

リハビリテーション、気になったときには少し覗いてみてはどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA