リハビリの専門職になるには?

リハビリにはそれぞれ専門的に職を行うものがいます。

 

立ったり歩いたりの動きを獲得させる理学療法士、

洋服を着たり歯磨きの動作を教える作業療法士、

言葉を教えたり、食べのもの飲み込み方を教えたりする言語聴覚士。

 

これらの資格を手にするためには、それぞれ専門的な勉強をする必要性があります。

では、その専門的な職業に就くためには、いったいどのようにすればよいのでしょうか?

 

 

専門職への進み方!

それぞれの専門職になるためには、義務教育を修了し、高校を卒業する必要があります。

高校卒業した後に、専門的な勉強をするためにの専門学校や、その医療の分野の科目を習得する4年大学へ進むことになると思います。

 

専門学校においては、3年間以上行かなければなりません。

時には4年間の専門学校というものもあります。

 

では、3年間と4年間とではどちらがよいのでしょうか?

 

 

学校のメリット、デメリット!

3年の専門学校と4年学校ではそれぞれメリットとデメリットがあります。

それについて述べていきますね。

3年の専門学校のメリットとデメリットとして、

①速く就職に近づくことが出来る。

②4年に比べて学費や生活費がかからない。

③3年間で知識を高めないといけないため、夏休みなどあまり遊ぶ時間がない

 

4年学校のメリットとデメリットは、

①3年の学校と比べて、割とゆっくり勉強が出来る。

②3年学校に比べて、1年間多く学校に行かないといけないため、学費などがかかる。

③入学は同じでも、創業して就職した際には、1年遅い就職となり後輩扱いとなる。

などがあげられます。

 

入学の時点で、それらの情報はほとんど知らないと思います。

しかし、これらの情報は意外と大事になってきます。

勉強のスタイルがゆっくりな人、速く就職にまで結び付けたい人など状況は様々だと思います。

 

 

まとめ

今回は、それぞれの専門職になるためにはといくことで、述べていきました。

自分も学校に入学して初めて知った情報など、速い段階でお知らせしていた方がよいかと思いました。

 

3年と4年学校にはそれぞれ、学費のこと、勉強時間のことなど意外と重要になってくることもあります。

今から資格を得ようとする人のため、少しでもこの情報が役に立ってもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

医療の仕事は超多忙!