希少価値のある人になる方法

価値のある存在(人物)とは何なのでしょうか?

 

今回はそんな【価値ある存在になる方法】を書いていきたいと思います。

 

価値とは?

価値とはいったいどのようなことなのでしょか?

 

国語辞典では、

  • その事物がどのくらい役に立つかの度合い
  • あらゆる個人・社会を通じて常に承認されるべき絶対性をもった性質

と記載されています。

 

ここで述べる価値とは、個人や社会で承認される性質にことになります。

 

では、社会などで承認されるためには、どのようにしていけばよいのでしょうか?

 

 

その方法とは?

元リクルートの藤原和博氏も提唱していたものですが、

簡単に言うと、

【100万人に1人となるように目指しなさい】

ということです。

 

実際に100万人に1人というと、日本のサッカーで日本代表に選ばれるのと同じ確率と同じと言われています。

 

これだけ聞くと、とても難しく聞こえるかもしれません。

しかし、そんなに難しく考える必要はないのではないかと思います。

 

元リクルートの藤原和博氏が述べていた内容ですが、

一つの事に1万時間、つまり1日6時間として5年取り組む

そうすると一人前になれるそうです。

一人前になった時に初めて「100人に1人」程度の人材になれるそうです。

 

ここからが重要で一つのことで一人前となったら、次は別の分野で一人前を目指すのです。

つまり異なる職種や業種、プロジェクトを行いその専門として一人前のとなるのです。

そうすると、「100人に1人」×「100人に1人」の掛け算で「1万人に1人」という存在になっています。

 

さらに、別の分野に1万時間かけると・・・

【100万人に1人】

つまり価値ある存在が誕生するのです。

 

私自身、以前は営業の仕事をしていた経験があります。

営業というと自分や商品の売り込みをしないといけません。

営業のときは成績も右肩上がりで伸ばしていました。

その時のスキルというのは、今の現場であれば誰にも負けない自身があります。

その営業スキルについては、トータル1万時間は達成しています。

現在のリハビリに関する仕事についても、1万時間は達成しているので、1万人に1人の存在となっているのではないでしょうか。

 

 

まとめ

社会で承認されるとなると様々な分野のことを経験する必要があります。

経験するためには環境が変わりますし、当然労力も使います。

価値ある存在を目指すには100人に1人をまずは目指し、

少しずつ自分の存在価値を高めていく必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

医療の仕事は超多忙!

次の記事

作業療法とは?