言語聴覚療法とは?

リハビリの世界では国家試験である言語聴覚士と呼ばれるものがいます。

その言語聴覚士が行う治療が言語聴覚療法になります。

 

そもそも言語聴覚療法とは何なのでしょうか?

 

 

言語聴覚療法とは何?

言語療法の定義は、

医療、介護、福祉、学校教育の分野において、発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能など、主としてコミュニケーション機能に障害のある人に対して、言語聴覚士が検査、訓練および助言、指導その他の援助などの専門的かかわりによって、対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援すること

になります。

 

簡単に説明すると

言語聴覚士が、言語機能の獲得や回復のために治療を行います。

また、物を食べたり飲んだりする際に、うまく食べることが出来ない人もいます。

コミュニケーション機能においては、障害と言われてあまりピンとこない人もいるかもしれません。

頭に障害を負うと(脳血管障害と呼ばれる、脳梗塞などのこと)、一言も話せず、読み書きもできない状態になることがあります。

 

私たち人間はコミュニケーションを言葉でとる生き物です。

言葉が伝わらないとコミュニケーションが図れなくなります。

 

コミュニケーションがまた出来るようになるために、言語聴覚士とともに訓練や治療を行っていくのです。

 

そして、食べ物がうまく食べれないことも出てきます。

頭に障害を負ったり、年とともに筋肉が減ると、物がうまく呑み込めなくなることが出てきます。

そうなると物を引っかけたりして、誤嚥(物が食道に入らずに、肺に入ること)します。

誤嚥したことがわかれば自分で吐き出すことも出来ますが、中にはそれがわからない人もいるのです。

そうなると肺炎(誤嚥性肺炎)になり熱が出てしまいます。

そのようなことを予防するために、言語聴覚士が検査を行い、訓練していくのです。

 

 

言語聴覚療法って何するの?

言語療法で具体的な治療としては、

・絵カードを見て漢字を書く

・漢字や仮名を見て該当する絵を指し示す

・単語や短文を復唱する

など行います。

これらは言語の機能獲得に向けた訓練となります。

 

それ以外には

・声に出してを歌を歌う

・風船を膨らます

・顔や首のマッサージ

なども行うことがあります。

 

まとめ

言語聴覚療法とは、言葉の獲得や食物の飲み込みなどの検査や訓練などを行うことが分かったと思います。

その訓練には様々な治療方法があります。

一見簡単に見えますが、検査を行った上で適正な治療をしていくため、多くの知識や技術が必要になってくるのです。

 

言語聴覚士。

 

リハビリにもこのような世界があるのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

作業療法とは?